MENU

欧州最大の老舗レーザメーカー

産業理科学分野

セオドア・メイマンのルビーレーザの発明以来、物理科学や光学の進展と相まって、今日、レーザーは生物学、化学、物理学や工学などの分野でなくてはならない実験・調査ツールです。

レーザーはスペクトルやコヒーレンス特性、出力、ビーム品質などの点で優れた光学特性を所有しており、理化学研究分野での必需品となっているだけでなく、産業界では高度な高品質なツールとしてその波長、出力、ビーム径、拡がり角などの特性を厳格に制御しながら利用されています。

レーザーには高い温度特性や簡易な操作はもちろんのこと高い光学特性が要求され、長期にわたって故障することなくその特性が維持される高品質性が求められます。

Industry

弊社製品

弊社は、 UVから2umまでの波長の小型で高品質な高出力レーザを連続波(CW)、パルス動作のどちらも取り揃えており分析、計測から製造加工まであらゆる理科学用途産業用途に対応可能です。

半導体レーザやファイバーレーザ製品は特別な環境やユーティリティーを必要せず据え付け可能で、その動作には特別なスキルを必要としません。 メンテナンスフリーな動作を高い消費電力効率を誇りながら実現します。

Qsmart/CFR/ULTRA/VIRONシリーズ 高出力パルス固体レーザ
QDシリーズ ファイバー結合型QCW半導体レーザ

Qsmart/CFR/ULTRA/VIRONシリーズ 高出力パルス固体レーザ/QDシリーズ ファイバー結合型QCW半導体レーザ

高いピーク出力と優れたパルス特性を誇るQスイッチYAGレーザです。 Plug & Play 可能な波長変換モジュールを備え(VIRONシリーズを除く)基本波から紫外光までの波長をコンパクトかつモノリシックにカバーし、分光分析、光超音波発生やリペアなどの用途に最適です。

QDシリーズは500Wのピーク出力を1mm径のファイバーから得られ固体レーザの励起用途などに利用されています。

CYFL/CRFL/CEFL シリーズ 高出力ファイバーレーザ

CYFL/CRFL/CEFL シリーズ 高出力ファイバーレーザ

回折限界の高品質ビームを誇る高出力CWファイバーレーザです。

イッテリビウム、エリビウム添加ファイバーを増幅媒体として、それぞれ1μm、1.5μm帯で動作します。 またラマン効果を利用した1.4μm帯の波長が得られる製品もございます。

偏波保持ファイバーを利用した直線偏光タイプも用意でき、レーザの出力はTTL信号を利用して変調可能です。

プラットフォームは、実験室での研究開発に適したベンチトップタイプの他、装置組み込みや屋外用途に適したモジュールタイプもございます。

CYFA/CEFA/CTFA シリーズ 光増幅器

CYFA/CEFA/CTFA シリーズ 光増幅器

微弱なシングルチャンネル信号を増幅する光ファイバー増幅器です。

用途に応じてイッテリビウム、エリビウム、そしてツリウムを添加したファイバーを使用し、それぞれ1.06μm、1.5μm、2.0μm帯の入力光を高出力化します。偏波保持、光出力モニターや実験対象をトリガリングしたり、フィルターを挿入するためのミッドステージアクセスオプションがあります。

ユーザーの制御ネットワークからの操作を可能にするRJ45インターフェイスを備えた1U ラック型のベンチトップや振動、衝撃を受け得るシステムへの組み込みを想定したOEMモジュールでの供給も可能です。

アプリケーション

PAGETOP

CONTACTお問い合わせ

LUMIBIRD Japanへのお問い合わせと資料請求ができます。
お電話またはメールフォームよりご連絡ください。

PAGETOP