MENU

欧州最大の老舗レーザメーカー

LiDAR (Light Detection and Ranging)

LiDARとは、離れた目標物からの後方散乱光の特性を測定することでその目標物との距離や情報を得る光リモートセンシング技術です。

装置の設計には、レイリー散乱、ミー散乱、ラマン散乱、エアロゾル等のあらゆる種類の後方散乱仕様が考慮されます。

LiDARはテレディテクション、大気汚染の成分、濃度、拡散時間や速度計測の強力なツールであるだけでなく、地形図作成、地政学、環境計測、考古学をはじめ風況計測や交通規制、自動運転や軍需用途などで利用されています。 LiDARシステムには多くの場合、パルスレーザが使用され、レーザの特性を利用して下記のようにさまざまな情報を得ることが可能です。

LiDAR
パルスの伝播時間 距離
周波数シフト 速度
偏光のシフト 組成
吸収量 化学成分
繰り返し周波数  対象物の深度
パルス幅  対象物の深度分解能

弊社製品

弊社には、ピーク出力レベル、消費電力、そしてサイズなどの点で非常に優れたパルスレーザーの品ぞろえがあり、タイムフライト法やコヒーレント検波を用いたLiDARに広く使用されています。

また狭帯域で低ノイズな連続波(CW)レーザーもコヒーレント検波や大気汚染モニタリングなどの用途で利用されています。

弊社の長年にわたる技術蓄積を利用してカスタム設計にも応じ貴社の次世代のLiDARシステムに対応した製品を提供させていただきます。

MERION シリーズ 高ピーク出力パルスレーザ

MERION シリーズ 高ピーク出力パルスレーザ

Plug & Play 可能な波長変換モジュールを装着可能で基本波の1064nmの他、532nm、355nm、266nmの波長選択ができる。MERION Cは最大400Hzのパルス動作が得られMERION MWは200Hzまでの繰り返しにてパルスあたり最大650mJのエネルギーが得られます。

PEFL-KULT シリーズ パルスファイバーレーザ

PEFL-KULT シリーズ パルスファイバーレーザ

超小型な高出力パルスファイバーレーザです。

用途に応じてイッテリビウム、エリビウム、そしてツリウムを添加したファイバーを使用し、それぞれ1.06μm、1.5μm、2.0μmで動作します。 イッテリビウムは高出力を必要とする用途に適し、ピーク出力は25kWに達します。 エリビウムはアイセーフ用途に、またツリウムは大気中での伝送損失が少ないので霧や湿気のある環境下でも長距離にわたるレンジファインディングが行えます。

どのタイプも回折限界の高質なガウシアンビームが得られ M2<1.1のビーム品質を誇ります。水中やエアロゾルの監視用に適した532nm、355nmのモデルも標準で用意しています。

EOLA シリーズ パルスファイバー増幅器

EOLA シリーズ パルスファイバー増幅器

小型な高出力パルスエリビウムファイバー増幅器です。

細いスペクトル幅を持つ直線偏波入力をシングルモードのまま、低いRINや位相ノイズなどの特性を維持しつつピーク出力50Wまで増幅し、ドップラーヘテロダインLiDAR用途などに最適な光ファイバー増幅器です。

ご要望に応じたカスタム設計に対応可能です。

アプリケーション

PAGETOP

CONTACTお問い合わせ

LUMIBIRD Japanへのお問い合わせと資料請求ができます。
お電話またはメールフォームよりご連絡ください。

PAGETOP